読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳みそスワップアウト

揮発性なもので。おもにPHPのこととか。

ssh-agentとkeychain

手元のPC(cygwin)→リモート

手元のPCはどうせ電源を切るわけだし、ssh-agentが永遠に常駐してもいいと考えているので、
keychainを使っている。

keychain
source ~/.keychain/$HOSTNAME-sh
ssh-add

これでssh-agentが起動して鍵も読み込まれた状態になっているので
2回目以降、新しく起動したターミナルでは環境変数を設定するだけでいい。
このターミナルから新しくターミナルを起動する場合はそれすら不要。

source ~/.keychain/$HOSTNAME-sh


cygwinでなくて純Windowsアプリな場合はputty/pagent。

サーバ→リモート

常時稼動なサーバ(ログインサーバとか)では、ssh-agentを上げっぱなしにする訳にはいかない。
ターミナルごとに起動する。

ssh-agent bash
ssh-add

ssh-agentをシェル指定で起動すると、シェルが終了した時点でssh-agentも終了する。
これがいい。