読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳みそスワップアウト

揮発性なもので。おもにPHPのこととか。

バッテリ情報を出力する

Let's note CF-R5 がWinXPだからそろそろアレで、
スペック的にWin7は厳しいしubuntu-12.04.1を入れてみたのだ。

デフォルトのwmでは重くて全然だめだったけど、LXDEにしたらそこそこ動く。
ただ、バッテリの持ちが悪いねぇ。


それで、バッテリの情報はprocから取れる。

remaining capacity が残量。

[16:37:15 pen@aka src]$ cat /proc/acpi/battery/BATA/state
present:                 yes
capacity state:          ok
charging state:          charging
present rate:            14000 mW
remaining capacity:      40410 mWh
present voltage:         8046 mV


design capacityが総容量。
劣化してくると last full capacity が落ちてくるらしい。

[16:33:37 pen@aka src]$ cat /proc/acpi/battery/BATA/info
present:                 yes
design capacity:         57720 mWh
last full capacity:      57720 mWh
battery technology:      rechargeable
design voltage:          7400 mV
design capacity warning: 5190 mWh
design capacity low:     2300 mWh
cycle count:              0
capacity granularity 1:  10 mWh
capacity granularity 2:  10 mWh
model number:            CF-VZSU42
serial number:           00128
battery type:            LION
OEM info:                Panasonic

last full capacity / design capacity が現状のバッテリの性能で
remaining capacity / last full capacity が残量の割合って感じかな。


やっぱり作りこまれたドライバと汎用ドライバの差なのかな。
過充電/過放電にならないよう制御してくれるアプリの存在も大きい。