読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳みそスワップアウト

揮発性なもので。おもにPHPのこととか。

HTTPステータスコード 3xx系 redirect

300 (Multiple Choices)
あまり使わない。
要求されたリソースの表現方法が複数あり,どれを返せばよいかわからないことを示す。
クライアントがAccept-*の指定をしてなかったか,存在しない表現を要求したかのどちらか。

デフォルトを決めておいて,200とともにそれを返してもよい。
だからあまり使われない。

400を返してエラー扱いにしてしまってもよいか?それは厳しすぎか?

Locationで優先度の高いURIをつけることができる。
bodyは表現のURIリスト。HTMLがいいようだ。


301 (Moved Permanently)

リソースが移動した。恒久的に。
Locationヘッダはリソースへのパスをポイントしなければならない。
bodyには,新しいURIへリンクするHTMLがつけられるが必須ではない。

302 (Found)
使わない方がいいが,
しかしクライアント開発の場合にはこのステータスは知っておかなければならない。
HTTP/1.0では,Moved TemporaryだったがHTTP/1.1で名前が変わった。

本来は,307(Temporary Redirect)と同じように処理されるべきだったのだが,
しかしそのようなクライアントは少なく,PUT,POST,DELETEのときに
303(See Other)と同じように処理するクライアントがほとんどだった。
この問題があったため,HTTP/1.1では307(Temporary Redirect)が新設されたという経緯がある。

つまりこのステータスは曖昧なもののため,新規開発で採用すべきではない。
303か307を使うべき。
もちろん303と307を理解しないHTTP/1.0クライアントとやり取りをする場合は別である。

Locationヘッダにはredirect先のURIをポイントする必要がある。
bodyには新しいURIをリンクするHTMLを付けられるが必須ではない。

303 (See Other)
処理は完了しているが,リソースを返す代わりにリソースのURIを返す。

「本当」のURIは1つしか存在しないはずで,そのエイリアスだった場合などに使う。
たとえば /hoge/fuga/current.tar.gz が /hoge/fuga/1.2.3.tar.gz のエイリアスだった,など。

Locationヘッダは新しいURIをポイントする。
bodyは301同様。

304 (Not Modified)
クライアントが既にそのデータを持っていることを示す。
条件付きHTTPリクエストと併用される。

Dateヘッダは必須。
ETagとContent-Locationは200の時と同じものを設定すべき。
Expires,Cache-Control,Varyは,以前に送信したものから変更されている場合には必要となる。
bodyはない。

305 (Use Proxy)
あまり使わない。
クライアントが特定のproxyを利用する必要があることを示す。
そういうケースがあまりないからあまり使わない。

LocationヘッダはproxyのURIをポイントする。

306 未使用

307 (Temporary Redirect)
リソースが別のURIにあり,再送する必要があることを示す。

GETの場合は303と同義。ミラーサイトへ誘導したい場合など。
POST,PUT,DELETEの場合はサーバが何かしらのアクションを起こすことになるので303とは意味が違う。

303なら正常終了したがbodyがないことを示す。
処理後のリソースが欲しければクライアントは新しいURIにGETを送る必要がある。

307は,サーバが処理を実行しようとすらしていないことを示す。
クライアントは新しいURIにリクエスト全体を再送する必要がある。

Locationヘッダは再送すべきURIをポイントする。
bodyは301同様。